結婚できる人とできない人

MENU

結婚できる人とできない人の違いって?

 

結婚できる人というのは、まず思いやりがある人です。何でもかんでも、また誰に対しても愛嬌をふるう八方美人とは違いますが、ここぞという時、気遣いができる人です。家庭での子どもの頃からの躾や周囲の環境から育まれるもので、急に気遣いができる人になることは難しいですが、自分がしてもらって嬉しいなと思えることを相手にしてあげられる人になろうと、今からでも心がけていけば、近づくことは不可能ではないでしょう。

 

結婚できない人というのは、理想ばかりが先立ち、自分の程度がよく自分で認識できていない人です。また、年齢を問わず自分中心に世の中がまわっていると勘違いし、人を自分の思う通りに操縦したがる人です。他に、素敵な人がいつか王子様のごとく出現してくれると妄想を描いている人です。妥協をするのではなく、一歩相手に時々譲る気持ちを持てない人は、結婚に向いていないばかりか、結婚できない人に自然となっていっています。

 

自分を高める努力をすることはせず、相手にばかり高い要求をする人も、なかなか結婚に結びつきません。

 

自己向上心を持って頑張っている人に人は好意を持ち、結婚相手として意識し、お互いに高め合える存在になりたいと願うのです。